farbe

ドイツの子育て ランドセルの背中2016.05.24

ドイツでは日本に比べて家庭の方針を打ち出した子育てが多かったように思えます。
それは「共働きだから保育園」というような制度に基づいたものではなくて「こういう教育をしてほしいからこの保育園」
という決め方です。もちろん経済格差もありますし、親の教育に関する関心も家々で違うので
一概には言えませんが。

わが子の通ったシュタイナー園(シュタイナー教育に基づく幼稚園)には
「お兄さん(あるいは妹など)はモンテソーリの幼稚園なんだ」という家庭がいくつもありました。
姉妹や兄弟でもタイプが違うので、教育方針の違う幼稚園に通わせているのです。
送り迎えや園行事など親の負担は2倍でしょう。親の都合より、子どもの個性を重視する、というなかなか日本では難しい選択だと思います。

それだけ幼児教育に力を入れているのだと思います。
幼稚園や保育園は子どもにとって初めての社会です。
その社会が拒絶や暴力であってはいけません。

小学校も同様にシュタイナーに入れる、モンテソーリに入れる、公立、インターナショナルスクールなど
認可されている私立学校も多数あるので選択の幅が広くあります。親は子どもにとって
どこがいいのか、どこが子どもの長所を伸ばしてくれる教育をしてくれるのか、幼稚園(保育園)の間もたっぷり悩んで
小学校に入れるのです。

親は子どもが将来自分の足で歩けるように、子どもの背中を後押ししているのはどこの国も同じですね。
ランドセルを背負って元気に家を出るわが子を見ながら、彼が自分の足でしっかり世の中を歩ける日をふと想像した朝でした。
_MG_1552

人気はカラフルなランドセル2016.05.17

IMG_5106

ひと昔前はランドセルといえば
男の子は黒、女このは赤 が普通の小学生でした。
しかし、この15年ほどでしょうか。
個性を大事にするランドセルが出始めたのは・・・。

今や背中を見ても男の子か女の子がわからないほど
いろいろな色が出てます。
ピンクやグリーン、ゴールドまで。

ファーベのランドセルも最近の人気はカラフルなランドセルRB。
ヨーロッパらしいカラフルでも上品な色使いです。
男女を問わず大人にも人気の商品です。

大切に使いたいものだから気に入った色と素材で選びたいのがランドセルです。

入学・進級おめでとうございます!ランドセルもお手入れを。2016.04.10

 

4月、桜咲く道を小学生たちが歩く姿は心もとなくもあり、逆に頼もしくもあります。

それぞれの想いを胸に入学し、進級します。

 

そこで、ランドセルのお手入れはお済でしょうか。ランドセルは通学バックという役割以上に

思い出の品にもなる大切なもの。子どもが初めて手にする高級品かもしれません。

大切にしたいなら、親子でお手入れをしてあげましょう。

 

本革のランドセルはワックスかけが命です。

乾いた布(古いタオルなどなんでもいいです)で全体を拭いたあと、

ワックスを少量布につけて丁寧に塗り込んでいってください。

1年使ったランドセルは「こんなに汚れていたの!」と驚くほど汚れが

とれます。またワックスの効果でツヤツヤ感が復活します。

より深い色になるのです。

さらにランドセルの中敷きをとると

気づかなかった紙屑なんかも・・・。

 

夏休みや冬休みにしっかりワックスをかけることを

おすすめしますが、入学、進級前は特に念入りに。

ケアをするから愛しくなる。

愛しくなるからずっと使えます。

 

桜咲く4月、ランドセルは子どもの成長をまた見守ります。mv3

 

軽い?重い?ランドセル2016.03.30

最近ではランドセルの軽量化が進んでいます。

小学生は教科書や文房具だけでも重いからせめて

ランドセルは軽く…という親心からでしょうか。

 

確かに小さな子どもが重いカバンを背負うのは

かわいそうな気がしますね。

でも、「革の重さ」を知らずに育ってしまうのは

なんだかもったいないなと思います。

革は自然から得た大切な贈り物です。重さがあります。命から

来する重さもあります。

本革というのは、あるほどの重さがあるんだ、と小さいうちから自然に

思えたらモノを大切にする心の成長に少し役立てそうな気がします。

 

ファーベは1Kg少しの重さがあるランドセルです。

決して特に重い、というわけではありませんが

しっかりと背中に馴染む重さです。

farbe_lp_25

読売新聞より「大人もランドセル」2016.03.03

昨日(3月2日)の読売新聞に「大人もランドセル」という見出しで興味深い記事が・・・

 

「大人も使えるランドセルというのが注目されてる。洗練された本革製やカジュアルなナイロン製などで、丈夫で書類も

たっぷり入るのが魅力のようだ」

という書き出しで、大人も使えるランドセルが紹介されていました。

 

ここでは青山の老舗革専門店のランドセルが例として写真付きで紙面を飾っていました。

やはり素敵です。

そう、ランドセルは今や6年で終わりではありません。

丈夫で高品質なものを購入することでずっとずっと使えます。

 

スタイリストの中村保孝さんは「丈夫で高品質、デザインもシンプル。どこか郷愁を誘われるのも、遊び心を

持った大人に人気の理由では」とお話しされていました。

farbe_lp_23

 

オーガニックレザーのランドセル2016.02.20

オーガニックレザーの特徴は?

ファーベのランドセルはオーガニック。その特徴はこんな感じです。
a. 丈夫で長持ちする

ヌメ革の特徴といえば何と言ってもその比類なき頑丈さだといえます。

但しこれは表面に傷が付 きにくいということではなく、素材自体の堅牢さという意味で、むしろ表面には傷が付きやすい といえます。 ですが表面に付いた傷がむしろ革らしい味わいを増すという点で、ある意味お得な素材ともいえ るかもしれません。

 

b. 変色と風合

ヌメ革のもう一つの特徴に、日光などの光によって日焼けしたり、手の脂が染み込むことなどに よって変色しやすいことが挙げられます。 特にゆっくりと年数を掛けて大切に育てられたヌメ革の何ともいえない味わい深い風合いは、革 好きでなくても魅了されてしまうほどです。

 

c. つや

ヌメ革は使い込むと、色と共に内部からじんわりとつやが出てきてそれがまた風合いを増す要因 にもなっています。初めはヌメ革はたいてい無愛想なくらいつやがない革ですが、日光や熱、 マッサージなどの刺激により革が元々含んでいる脂分が表に染み出してきます。 これが表面につやのある皮膜を作り、味わいと共にある程度の撥水効果をももたせることになる のです。

4 / 9123456789
Top