farbe

2015年 12月

山下さんのお話2015.12.06

ネットで見た時「こんなかわいいランドセルがあるなんて!」と驚きました。

最近ではランドセルも多様化していて赤、黒だけではなく青やピンク、ハートの絵柄のついたものまで

いろいろ販売していて迷っていました。

娘は「赤かピンクがいいな」と言いますし、実家の両親は「しっかりした作りのランドセルがいい」夫は

「高い買い物で6年間だけなんてもったいないな」と、それぞれが意見を言いなかなかまとまりませんでした。

そんな時にネットで見つけたのがこのファーベのランドセルです。

かわいいことにまず驚き、ドイツの最高職人さんが作るということにも、小学校を卒業しても使えるデザインにも

本当に関心しました。

我が家は赤を購入。ちょっと困ったのが1年生の間だけつける黄色いカバーの付け方でした。

結局、通学カバーを半分に折って被せの部分に装着しました。娘も大変気に入り、2年生になった今は

長い休みの後にワックスでちゃんとお手入れをしています。

確かに色ははじめの鮮やかさを失いましたが、今はしっくりと馴染んであたたかな色になりました。

ずっと使い続けてほしいランドセルです。

 

 

川本さんのお話2015.12.06

娘が小学校に入学するのに、横長タイプのランドセルを探していました。

それは昔主人と新婚旅行でヨーロッパを訪れた時にからの憧れでした。

そこでこちらのサイトに行きついたのですが、何分ふつうの形と違うため

、「本当にこれでいいの?」と娘にも何度も確認し、販売店にも足を運んで

実際に見せていただきました。

思っていたより、ずっと使いやすそうで、大きな地図帳などもすっぽり入る大きさです。

また重すぎるかな、と心配したのですが、子どもは大きくなるんですよね。

今ちょっと重く感じても、その重さは革製品の良さでもあり、成長したころには

ちょうどよい重さになると思いました。

ネットで申し込み、1か月半で到着。

初めてランドセルを背負った娘はずいぶん大人びて見えました。これなら大切にずっと使い続けられる

とうれしくなった記憶があります。

娘はこの春から4年生です。

ファーベのランドセルは雨に濡れてしまったり、乱暴に放り投げられてしまったりしながらも

娘を見守ってくれています。時には私と一緒にワックスをかけます。

見た目も革製品らしく柔らかくなりました。

いいものと出会えたと感謝しいます。

 

 

 

 

Top